彼から「お付き合いをして欲しい」といわれたとき、
何となくの予感はありましたが、お付き合いが始まるんだと思うと
ワクワクする気持ちが止まりませんでした。

彼と私の交際は、付き合えていることそのものを嬉しく感じられていましたので
どこか‘夢見がち‘であったと思うんです(苦笑)
中には、そんな感覚が良くないと言う人もいましたが
私は全くそう思いませんでした。

時に、ふわふわと浮いたような感覚を味わうのも‘非日常的‘で良いことだと思いましたし
恋愛をしているからこその感覚だと思っていましたので。
ただ、それが何時までも続くとは思いませんでしたし
続いてしまっては、互いの理解力に欠けてしまうのではないかと思うようになりました。

一時期は、意識を置いていたこともありましたが
自然と関係は変化していくものですね。
2人の関係の中に「手ごたえ」のようなものを感じるようになったのです。

着実に、時を重ね関係を深くしていくことで生まれていく手ごたえ。
それは「強い愛」にも繋がっていくようで
ふわふわした気持ちも良いけれど、安心感のあるこのような関係もまた素敵なものだなあ~
と感じるようになり
その中もまた、幸福感を見出すことが出来るようになりました。